目立たないような治療を受ける│審美歯科で白い人工歯を

歯の模型

歯を病気から守るには

白い歯

東京の荻窪にある歯医者では、虫歯や歯周病などの病気の治療を行なう一般歯科だけでなく、それらの病気を防ぐための予防歯科を行なっています。この治療は歯医者に定期的に通って、普段の歯磨きだけでは落とすことができない場所にある虫歯菌や歯垢を取り除きます。このような汚れを放置したままにすると、病気になってしまい歯の神経を取り除いたり、歯を抜いたりしないといけません。永久歯は一度抜いてしまうと生えてこないので、そのようなことにならないように荻窪の歯医者で予防しましょう。予防歯科では、最初に歯の写真をとってその後の経過を撮影していき、今の予防で効果があるのかチェックすることができます。他には自宅で歯の汚れをキレイに落とすことができるように、歯の磨きかたを指導します。歯ブラシを動かしかたや歯茎を傷つけないような磨きかた、歯と歯のすき間の磨きかたなどを荻窪の歯医者では指導しているのです。予防歯科では歯の汚れを落とすブラッシングが終わった後に、歯の表面にフッ素を塗布します。フッ素には虫歯菌や歯垢が歯につきにくくする効果があって、それを表面に塗ることによって病気を防ぐことができます。また、フッ素には虫歯になりかけている箇所を、自然に修復することができるようにサポートする働きを持っているのです。このような治療を行なっている歯医者は荻窪で人気が高く、小さい子供がこの治療を受けています。小さいころから虫歯菌を予防することで、健康な歯を維持することができるので小さい子供がいる家庭は、荻窪にある予防歯科を利用することが多いです。